日本語教育能力検定の受験や英語の取得を考えている方

ノート

外国人と英語で話すには

生徒と講師

京都には外国人観光客が多いので、英語で道を聞かれる機会が多いとされています。そのような場合でもスラスラと英語を話したいなら、英会話教室に通うことがおすすめです。ネイティブの講師から正しい発音を学ぶことができます。

View Detail

目指すスキルを考えよう

アルファベット

英語の教材には、それぞれリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングなどの分野に特化しているものが多いとされています。自分が習得したいスキルにあった教材を選ぶことが大切です。

View Detail

外国で英語を学ぶときは

国際交流

英語の習得のためにアメリカやイギリスなどに留学するとなると、費用を工面するのが大変です。しかし、フィリピンのセブ島ならそれをおさえることができます。また、物価が安いので安心して暮らすことが可能になります。

View Detail

日本語教師になりたい方へ

勉強道具

外国人に日本を教える日本語教師になりたいと考えている方が増えているようです。2020年の東京オリンピックに向けて、外国人観光客も増加し、日本語の需要が高まってきているのが、その原因とされています。また、外国人労働者や移民の受け入れも国会やTVなどで議論されるようになってきており、そのような外国人に日本語をどのようにして教えるのか、という問題が課題とされています。日本語教師を目指す方は日本語教育能力検定を受験することをおすすめします。この検定は国家資格などではないので、別に受験しなくても日本語教師を名乗って日本語を教えることは可能です。しかし、授業を受ける外国人の立場になれば、資格を持っている先生に授業をしてもらう方が安心して受けることができます。また、日本語教師として日本語教室で雇ってもらうときも、このような資格を持っていた方が採用されやすいとされます。日本語教師としての能力をどれほど持っているか、という目安にもなりますので、日本語教師を目指している方はぜひ受験することをおすすめします。日本語教育能力検定は英検などとは違い、年に一度しか開催されないので、より計画的に勉強する必要があります。日本語教室などへの就職に備えて受験する方は、このチャンスを逃すと、就職する時期がズレてしまう可能性もあるので、注意してください。まずはインターネットなどでいつ試験が開催されるのかを調べて、それに合わせて試験計画を練ることが重要になります。勉強方法については人それぞれだと思いますが、その試験に合わせた対策講座などを実施している学校もあるので、それについても調べる必要があります。